ABOUT

私は2017年夏より、米国ビジネススクール(Top20)の2年制プログラムへ留学を予定しております。(学校名は正式な入学後に記載する予定です)

受験にあたっては、事あるごとに諸先輩に相談に乗ってもらい、また、先駆者の皆様のブログに多くを学びました。その恩を少しでも次の受験生の皆様へ返すべく、体験談を共有できればと思っております。

  • リアルな情報がとても重要

会社に派遣制度がなく、私費での受験を進める中で「リアルな情報の重要性」をとても痛感しました。適切な情報を適切なタイミングで仕入れることは、アプライを成功に導く大きな要因だと実感しています。

  • 取捨選択の参考となれば

MBA受験においては、全ての受験生に当てはまる百発百中の戦略はなく、強いて言えば「自分自身の戦い方を見つける」ことがそれに当たるようです。このブログも、あくまでいち受験生の個人的な体験談ではありますが、皆様が取捨選択をする中でのひとつのサンプルとして、参考になれば嬉しいです。

  • 信頼できる専門家を早めに見つける

とはいえ、この暗黙知の多い戦いに挑むには、経験豊富な専門家に頼ることが一番です。時間や資金をムダにしないためにも、信頼できて自分にあう専門家を早めに見つけることをおすすめします。この専門家の選定にあたっては、口コミなどを精査して慎重に選ぶことを強くおすすめします。

 

受験者プロフィール

性別:男性

年齢:30歳(社会人8年目)

費用:私費

海外経験:海外留学・在住歴なし。過去2年程業務にて英語を使用。

学歴:国内私立文系大学卒業、GPA 3.8 / 4.0

職歴:総合デベ7年、ホスピタリティ1年

出願スコア:

IELTS / 7.5 (R9.0 / L8.0 / W6.0 / S6.5)

GMAT / 680 (V34 / Q49 / IR3 / AWA4.0)

試験対策:

IELTS / 独学

GMAT-Verbal / Affinity英語学院

カウンセラー / 江戸義塾、Affinity英語学院