Booking.comがTV広告拡大へ

skift.com

 

OTAとして世界最大のグループ売上高を誇るプライスライングループ(Priceline Group: World’s Leading Provider of Online Travel)の中核企業であり、日本でも事業展開をしているブッキングドットコム(Booking.com: 1,518,990 hotels worldwide. 134+ million hotel reviews.)が、直接予約の獲得を目的に、従来のペイパークリック型重視の広告からテレビ広告の比重を上げるようです。

2016年には12カ国で実施されていたテレビ広告を、倍以上の30カ国へ拡大、テレビ広告費を55%増加させる(一方でデジタル広告は縮小されると想定されます)

判断の裏には、グーグルアドワーズからトリップアドバイザートリバゴでのリスティングに渡る成果報酬型広告が、ダイレクトトラフィックや顧客との1to1の関係性の向上につながるかどうかの評価があり、今後も検証を続ける。

トリバゴは、収益の45%前後をプライスライングループから獲得しており、また、トリップアドバイザーの収益の約50%がエクスペディアとプライスラインからもたらされていることを考えると、これらOTAメタサーチにとって、今回のプライスライングループの決断は大きな脅威となります。

興味深いのは、これまでTV広告重視で進めてきたトリバゴが、その戦略を見直しデジタルマーケティングを増加させるという対象的なアナウンスをしたことです。

 

 …というようなリアルタイムのニュースが、学校の授業(Strategy)や学外のケースコンペティションのトピックスとからんでくるこの環境はとても楽しいです。

 ビジネススクールにおいてホスピタリティビジネスが取り上げられると個人的にはとてもうれしい限りですが、今のところ、テクノロジーとの関連でトピックスとなることが多いように思います。

 

 

自分は天才なのかと思ったら違った話

Johnsonの1年目は、アカウンティング・ミクロ経済学マーケティングという3つのコア科目から始まります。その中の、ミクロ経済学の教授は、個性豊かで話が面白くとても好きな教授(テストのスコアとは相関せず…)だったのですが、授業が残すところあと2回という日に不思議な事が起こりました。
 
その日はいつもの授業と異なり、教授の身の上話から始まりました。どうやら「努力と才能の賜物だと信じられている成功の裏に、運の要素が深く関わっていること」がテーマで、教授がどのようにしてコーネルでの職を得たか、どのように運が関わっていたか、について話が進みます。
 
話が進むにつれ、なんかどこかで聞いたことのある話だなと気になりだしました。とはいえ、英語での授業だということもあり、何かの勘違いだろうとスルーしていました。しかし、その次の教授の奥さんの話、そのまた次の話と、今までにないくらい話の展開が読める。オチまでわかる。
 
通常の授業の理解度が70%だとしたら、今日は110%。この短期間で脳が英語に慣れて、話に追いつくどころか先回りができるようになったのか。天才なのか。と、いい気持ちに浸っていた所、ふと気づきました。
 
日本語で、教授の本を読んだことがあったんです!(そして自分は天才ではなかった…というより気付くの遅すぎる…)
 
 
 

確かに、コーネル大学の教授の話だったのは覚えているのですが、まさかJohnsonで教えているとは。そしてさらに、このミクロ経済学のクラスは、昨年は別の教授が教えており、この教授が教えるのは今年が最後とのこと。まさにこの本の内容が示すとおり運と偶然とは凄いものですね(ちなみに、本のメインテーマは、運の話から新たな課税制度の提案を導くというもの)

 

とても記憶に残る、コア科目となりました。 教授の公開講座がコーネルのライブラリーにありましたので、興味ある方はぜひ。

 

【受験雑感_3】キャンパスビジットは必要か?

早いもので、もう11月。11月の2ndラウンドで出願してからもうすぐ1年です。

 

受験生の方とスカイプ等でお話する中で「キャンパスビジットは必要か?」というご質問を頂くことが多いので、私の経験をまとめておきます。

 

結論から言うと、こんな感じです。

  • アプリケーションにリアリティと迫力を持たせられたのは、ビジットの影響がとても大きい
  • ただ、ビジットしないと受からないということは無い(学校により違うと思いますが…)

私は出願1年前の2月に1回(Stern, Johnson, Tuck)、出願後オンキャンパスインタビューのために1回(Johnson)、合計2回ビジットしました。

インタビュー時のビジットは、ロイヤルティ(忠誠心?笑)を見せる&生活環境を確認する、というテーマでしたので、今回は、より出願に影響を与えた1回目のビジットのお話です。

 

1回目のビジットでは、 北米3校を5日間かけてビジットし、インフォメーションセッション、在校生とのコーヒーチャット、クラス見学などに参加しました。

 

1年後に自分がそこにいることが想像できるかどうか

「Fitってなんだよわけわかんねーよ!」と嘆いていた自分が、1年後にこんなことを言うのが不思議ですが、結構これが大きかったです。特に複数の学校を訪問したことで、より顕著に感じたと思います。

また、面白かったのが、インフォメーションセッションやクラス見学を一緒に行う受験生の雰囲気も、学校によって違って感じられました。

エッセイ&インタビューでのリアリティと迫力

エッセイやインタビューにおいて、ビジットをした自らの肌感覚としてのFitを伝えるとリアリティや迫力に差が出るビジネススクールの特色は、"leadership" "collaborative" "teamwork"など、抽象的かつ各校同じような単語で表されることが多いため、具体的にどんな点を通してそれらの特色を感じ取ったか、あるいは感じ取らなかったか、について考える大きな手助けになりました。逆に言えば、この辺をうまく作り込めるならビジットせずに問題ないかと思います。

在校生の優しさ、モチベーション

ビジットした3校とも、本当にお忙しい中在校生の皆様にご対応頂き、とてもありがたたかったとともに、同じ出願のプロセスを経て、実際に進学された方のお話をきいて、モチベーションが上がりました。尊敬できる先輩方に会えたのもとても良い経験でした。

ビジットしてもわからなかったこと

一方で、数時間~数日間のビジットでは、体験できる範囲が限られてしまうということも実感しました。 例えば、私のクラス見学はファイナンスのレクチャー形式のクラスだったため、いわゆるケースやディスカッションメインの授業を体感することは出来ませんでした。

また、コアチームでの課題やクラブ、課外活動等、実際に体験してみないとわからないことも多いため、どこまで深くプログラムについて理解できるかというと難しい部分もあるかと思います。そのあたりは、在校生に留学してから感じたギャップ等を質問して解決するのが良いかと思います。

 

 

いずれにしても、目標とする学校をビジットするのはとても良い経験になると思います、在校生にしっかりと甘えて、有意義なビジットにして下さい!

 

北米MBA出願者3年連続減少

Sep 19, Wall Street Journalより(web版は以下)

www.wsj.com

 

GMACが北米407校のビジネススクールに対して行った調査によると、2017年のフルタイムMBAへの出願者数が昨年対比で3.2%減少したとのこと。また、インターナショナルの出願者数は5.8%減少

就労ビザへの懸念などを理由に、インターナショナルの出願者がフランスのINSEADトロントのRotman SOM のような国外プログラムへ流れている。

一方で、1/3のビジネススクールでは出願者が増加しているようなので、一概に全てが落ち込んでいるわけではなく、生徒50名以下の小規模なプログラムが影響を受けているとのこと。

ーーーーー

ここ数年のH1Bの競争率や、それに伴って、ビザをスポンサーする企業数が減少している事(業界により)を踏まえると、2年間という時間と多大な学費を犠牲に北米MBAを目指すインターナショナルの出願者の数は今後も減少していくように思えます。

それにしても、北米にビジネススクールが400校以上もあるんですね。

Amazon Books in NYC レポート

Amazonリアル店舗として、今年の8月末にオープンしたAmazon Books 34th St.店へ行ってきました。

www.amazon.com

 

感想としては、既存のリアル書店と比較しての優位性はそこまで感じられず、リアル書店と正面から競合しに来ているわけではなさそう、という印象を持ちました。

  • オンライン販売データに基づいたアルゴリズムが、商品点数の少ないこの店舗の中で、どこまで魅力的なラインナップを生み出せるか。
  • オンラインでの口コミやレート等をPOPとしてプレートに印刷した瞬間に生じてしまう、恣意性、情報の古さ、をどう解決するか。
  • prime料金確認の手間をどう省くか(みんな本当にアプリで料金確認しているのかしら?)

等が課題だと感じました。また、どちらかと言うと、

  • Amazon primeの価格優位性をアピールし、新規の会員を獲得するための宣伝費的な目的
  • Kindleやecho等のAmazon製品のショールームとしての目的
  • ホールフーズ買収時に言われたような実店舗兼物流拠点としての活用

等、リアル書店以外のテーマがあるのだろうな、と感じました。

 

以下、写真レポートです。

 

f:id:F5sMBA:20170926121748j:plain

入り口へ向かって左側が書店、右側がカフェになっています。 

 

f:id:F5sMBA:20170926121832j:plain

入り口

 

f:id:F5sMBA:20170926121840j:plain

すべての棚が、このように表紙が確認できる様にゆったりと陳列されています。日本で言うオススメ棚や新刊棚が永遠と続いているイメージです。決して大きくない店舗面積でこの陳列方法なので、販売点数としてはかなり少数になると思います。

余談ですが、この陳列方法は面陳列と言うそうです。【参考】本屋の陳列は5パターン:【 FAX DM、FAX送信の日本著者販促センター 】

 

f:id:F5sMBA:20170926121843j:plain

本の下には「カスタマーレビュー」「★評価」等を記したレビューカードが。これらの情報はどの程度の頻度で更新されるのか気になりました。kindleみたいな電子POPにすればいいのに… 値段の記載はないので、スマホamazonのアプリでバーコードを読み取って確認します。

 

f:id:F5sMBA:20170926121841j:plain

スマホをもっていない人向けのバーコードリーダーも設置。Amazon primeメンバーかどうかで、価格が異なります。

 

f:id:F5sMBA:20170926121847j:plain

★評価が4.8以上といった、amazonならではの特集棚もありました。

 

f:id:F5sMBA:20170926121844j:plain

店内の一部では、echo等のamazon製品の販売も。

 

f:id:F5sMBA:20170926121848j:plain

お会計はこちら。「amazon prime会員ですか?」と確認された後、primeに登録をしているクレジットカードで決済をします。私の前のお客さんはprime会員では無かったようで、free trialをオススメされていました。

f:id:F5sMBA:20170926125141p:plain

レシートはメールで受け取ることができ、実際の価格からいくら得したかが確認できます。

 

 

 

いちばんに学んだ米国文化 - small talk

突然ですが、small talkって知ってますか?

これみなさんの間では常識で、知らないの僕だけだったら恥ずかしいのですが、MBA受験される方は是非知っておくべき米国の文化です。いまだに、なんで誰も教えてくれなかったのかが不思議なくらい、インタビュー時に役立つと思います。

 

small talkとはいったい何?

さて、いったいsmall talkが何かと言うと、日本語で言うところの「雑談」です。

 

ここまで褒め称えておいて「雑談」かよ、という感じですが、米国においては、非常に重要なコミュニケーション文化です。米国外からのMBA生向けのオリエンテーションで、レクチャーとロールプレイを通して学ぶほど、重要なテーマ。

 

small talkは、テキストにて、

making small talk - everywhere you go

として一番はじめのテーマとして取り上げられており、以下のように定義づけられています。

Small talk is the casual conversation (chitchat) that people engage in when they don't know the people they are conversing with, when they are trying to fill time, or when they want to be friendly before getting down to business.

パーティーやネットワーキングイベント等で初対面の人と会話をする時にとどまらず、学校、職場、スーパーでのレジ待ち等、いつでもどこでも誰に会ってもこのsmall talk

内容は大したこともなく、天気やスポーツ、どこから来たのか等、まさしく「雑談」。

ただ、興味深いのは、米国人は、このsmall talkを「しないこと」についてかなりの違和感をもつそう。会話の間にできる沈黙や、初対面の人と挨拶をした際に訪れる一時の沈黙をawkward silenceと言い、これが皆さんお嫌いのようです(当然個人差はあるでしょうが)

日本人の僕からすれば、別に話したければ話せばいいし、なんなら朝から晩まで英語でそんな事していたらクタクタに疲れてしまうのですが、人にあった時、会話している時にsmall talkを続けずに沈黙してしまうのはもはやrudeとみなされてしまうようです。(繰り返しになりますが、年齢や性格などで個人差はあるでしょうが)

 

インタビューでのsmall talk

ここでひとつ思い当たるのが、オンキャンパスでインタビューを受けたときのこと。

集合場所に面接官が迎えに来て、彼女の部屋へ移動する際、

 

  • 天気はどう?
  • キャンパスはどう?
  • 昨日はどこに泊まったの?
  • インフォセッションでは誰と話したの?

 

と質問攻め。「あれ、これ面接始まってるのかしら?」というほど途切れなく質問をいただき、少し驚いた記憶があります。

今思えば、きっとこれがsmall talk。質問にただ答えるだけで、僕から会話を続けなかったために、逆に彼女に質問攻めをさせることになってしまったのだと思います。面接では第一印象が肝心、という話もありますが、この場合では、このsmall talkを通して、僕の第一印象が少なからず影響を受けたはずです。

いまもし、同じような面接を受け、

  • 天気はどう?

と聞かれたら、例えば、自分の素直な感想を言った後に、彼女の一番好きな季節を聞くとか。この季節のキャンパスでのおすすめスポットを聞くとか。米国文化を理解したsmall talkができるかなと思います。

ちなみに、small talkが盛り上がって、そのまま面接の大半を趣味の話に費やしたというクラスメイトもいました。

 

 インタビュー対策で、goalsやwhy MBA、behavioral questionsをガチガチに固めるのもいいですが、少しだけこのsmall talkに時間を割いて、Likability(これもいつか書きたいテーマです)を味方につけるのも良いかもしれません。

 

【受験雑感_2】合格までの道のり

これから少しずつ受験記を進めるための備忘として、MBAを志してから第一志望(Johnson Cornell)合格までの道のりを紹介します。

振り返ってみると、スタートから実に2年9ヶ月(再開から1年3ヶ月)の道のりでした。改めて、多くの方のサポートに支えられていたことを実感します。

 

2011年11月

MBAにぼんやりと興味をもつ中、東大の駒場祭でHBS卒業生の岩瀬大輔さんの話を聞く。「東大生がリスクをとらないで誰がリスクをとるの」という言葉に魂が燃える(私は東大卒ではありません)ただ、周りにMBA取得者も目指す人もいなかったため、とくに何もせず。

2014年6月(一応ここをアプライスタートとします)

某カウンセラーさんの話を聞いて、まずはTOEFLからなんとなく勉強開始

2014年8月(スタートから2ヶ月)

TOEFL受験。total 85に、そこまで悪くないんじゃないかという勘違いをする。

2015年3月(スタートから9ヶ月)

TOEFLを攻略できず、IELTSへ逃亡

2015年6月(スタートから1年)

独学にてなんとかIELTS Overall 7.0獲得するも、仕事の繁忙期が到来。殆ど勉強時間を確保できずGMATに手を出せる状況では無かったため、2015年のアプライを諦める

2015年9月(スタートから1年3ヶ月)

来年の為にと、QS World MBA Tour Tokyoへ参加。会場のホテルの階段でJohnsonのAdmission Directorを捕まえ、質問をして名刺をもらう(初コンタクト)とても緊張して口がからっからだったのを覚えている。翌日に、個別のインフォセッションへ参加、Admission Directorと再度コミュニケーション(2回目コンタクト

2015年12月(スタートから1年6ヶ月)

本気で目指すなら今だし、今やらないならずっと無理だろうと、環境を変えて再チャレンジすることに。 AffinityのGMAT体験授業&留学準備ミニガイダンスを受講する。

2016年1月(スタートから1年7ヶ月)

AffinityにてGMAT開始、CRから受講。IELTSは独学で継続。

2016年2月(スタートから1年8ヶ月)

北米キャンパスビジット。NYU Stern, Johnson, Tuckの3校訪問し、インフォメーションセッションやクラスビジットに参加。それぞれの学校の違いと、変わらない日本人在校生の暖かさを感じる。Johnsonでは、夏に出会ったAdmission Directorと個別のチャットを設定(3回目コンタクト)恥ずかしながら英語のみで会話が持つ気がしなく、スケッチブックに表やイラストを書いて行った。「絵が上手ね」と言われたことに対し、褒められたのか皮肉を言われたのかわからず、とりあえず笑顔でThank you!

 2016年4月(スタートから1年10ヶ月)

ビジットによるモチベーション上昇とGMAT RCの勉強が奏功し、IELTS Overall 7.5を獲得。GMATに完全シフトし、引き続きAffinityで講座を受ける。

2016年6月(スタートから2年)

奨学金への出願の為に、AffinityからEdを紹介してもらい、メールベースでのカウンセリングとセミナー参加。Affinity佐取先生とresume等アプリケーションのベースも準備を始める。

2016年8月(スタートから2年2ヶ月)

GMAT本番1回目を受験。「さすがに700は超えなかったかなー」という手応えでまさかの550。受験生おなじみ帝国ホテルタワーの1Fのソファで抜け殻になる

QS World TourとInformation sessionにて、ビジットぶりにAdmission Directorと再開(4,5回目コンタクト)前回からの近況をアップデートし、「次は冬にキャンパスで会おう」と強気でアピール。「ちなみにGMATはどんな感じ?大丈夫?」と切り替えされるも、笑顔でI'm confident!

2016年9月(スタートから2年3ヶ月)

Affinity飯島先生のGMAT個別指導を受ける。飯島先生、佐取先生と共に、11月ラウンドで出願するための目標点とスケジュールを再確認。

GMAT本番2回目を受験。初めから問題が難しく、またもや500台かと思いきや、予想外の目標点680でGMAT終了

2016年10月(スタートから2年4ヶ月)

11月ラウンド出願へ向けて、エッセイを詰めまくる。Edが疲れているのをわかりながらも、もっと良くしたいとディスカッションと修正を繰り返す。そんな中、嫌な顔ひとつせずEdが言ってくれた言葉が"Don't compromise." Edにお願いをしてよかったと心から感謝。

2016年11月(スタートから2年5ヶ月)

Johnsonの11月ラウンド出願。また、たまたま同日締切のSternへ出願。

2016年12月(スタートから2年6ヶ月)

出願から丁度1ヶ月後の12/15にJohnsonからインタビューインビテーション

The Admissions Committee has completed a preliminary review of your application materials and is pleased to invite you to schedule an interview as the next step in the admissions process. 

冬休み明けの1月下旬にビジット&インタビューをセット。Edとのインタビュートレーニング継続。

2017年1月(スタートから2年7ヶ月)

Edとのインタビュートレーニングに加え、イングリッシュビレッジにて複数の教師とモックインタビュー。1月下旬にビジットし、インタビュー実施。前夜には在校生と夜ご飯をご一緒させて頂く。Admissions officeの場所や人など、前回ビジット時に見慣れた環境で、リラックスしてインタビュー実施。インタビュー後、Admission Directorとキャッチアップ(6回目コンタクト)宿泊先のAirbnbがたまたまホテルスクール生の家で色々話す。

2017年3月(スタートから2年9ヶ月)

合格を確信するものの、一切連絡が来ない。日々Clear admitをチェックしまくり、合格通知が出る日の法則に詳しくなる(無駄)。Johnsonより、インタビューからまる2ヶ月後にAdmission letterをメールで受領し、受験終了!

Congratulations – we’d like to offer you admission to Johnson’s MBA program, contingent on your participation in the Cornell Summer English program.

ちなみにSternはインタビュー呼ばれず。

兎にも角にも、ひたすらAdmissonとコンタクトを重ねた一年でした。