【受験雑感_2】合格までの道のり

これから少しずつ受験記を進めるための備忘として、MBAを志してから第一志望(Johnson Cornell)合格までの道のりを紹介します。

振り返ってみると、スタートから実に2年9ヶ月(再開から1年3ヶ月)の道のりでした。改めて、多くの方のサポートに支えられていたことを実感します。

 

2011年11月

MBAにぼんやりと興味をもつ中、東大の駒場祭でHBS卒業生の岩瀬大輔さんの話を聞く。「東大生がリスクをとらないで誰がリスクをとるの」という言葉に魂が燃える(私は東大卒ではありません)ただ、周りにMBA取得者も目指す人もいなかったため、とくに何もせず。

2014年6月(一応ここをアプライスタートとします)

某カウンセラーさんの話を聞いて、まずはTOEFLからなんとなく勉強開始

2014年8月(スタートから2ヶ月)

TOEFL受験。total 85に、そこまで悪くないんじゃないかという勘違いをする。

2015年3月(スタートから9ヶ月)

TOEFLを攻略できず、IELTSへ逃亡

2015年6月(スタートから1年)

独学にてなんとかIELTS Overall 7.0獲得するも、仕事の繁忙期が到来。殆ど勉強時間を確保できずGMATに手を出せる状況では無かったため、2015年のアプライを諦める

2015年9月(スタートから1年3ヶ月)

来年の為にと、QS World MBA Tour Tokyoへ参加。会場のホテルの階段でJohnsonのAdmission Directorを捕まえ、質問をして名刺をもらう(初コンタクト)とても緊張して口がからっからだったのを覚えている。翌日に、個別のインフォセッションへ参加、Admission Directorと再度コミュニケーション(2回目コンタクト

2015年12月(スタートから1年6ヶ月)

本気で目指すなら今だし、今やらないならずっと無理だろうと、環境を変えて再チャレンジすることに。 AffinityのGMAT体験授業&留学準備ミニガイダンスを受講する。

2016年1月(スタートから1年7ヶ月)

AffinityにてGMAT開始、CRから受講。IELTSは独学で継続。

2016年2月(スタートから1年8ヶ月)

北米キャンパスビジット。NYU Stern, Johnson, Tuckの3校訪問し、インフォメーションセッションやクラスビジットに参加。それぞれの学校の違いと、変わらない日本人在校生の暖かさを感じる。Johnsonでは、夏に出会ったAdmission Directorと個別のチャットを設定(3回目コンタクト)恥ずかしながら英語のみで会話が持つ気がしなく、スケッチブックに表やイラストを書いて行った。「絵が上手ね」と言われたことに対し、褒められたのか皮肉を言われたのかわからず、とりあえず笑顔でThank you!

 2016年4月(スタートから1年10ヶ月)

ビジットによるモチベーション上昇とGMAT RCの勉強が奏功し、IELTS Overall 7.5を獲得。GMATに完全シフトし、引き続きAffinityで講座を受ける。

2016年6月(スタートから2年)

奨学金への出願の為に、AffinityからEdを紹介してもらい、メールベースでのカウンセリングとセミナー参加。Affinity佐取先生とresume等アプリケーションのベースも準備を始める。

2016年8月(スタートから2年2ヶ月)

GMAT本番1回目を受験。「さすがに700は超えなかったかなー」という手応えでまさかの550。受験生おなじみ帝国ホテルタワーの1Fのソファで抜け殻になる

QS World TourとInformation sessionにて、ビジットぶりにAdmission Directorと再開(4,5回目コンタクト)前回からの近況をアップデートし、「次は冬にキャンパスで会おう」と強気でアピール。「ちなみにGMATはどんな感じ?大丈夫?」と切り替えされるも、笑顔でI'm confident!

2016年9月(スタートから2年3ヶ月)

Affinity飯島先生のGMAT個別指導を受ける。飯島先生、佐取先生と共に、11月ラウンドで出願するための目標点とスケジュールを再確認。

GMAT本番2回目を受験。初めから問題が難しく、またもや500台かと思いきや、予想外の目標点680でGMAT終了

2016年10月(スタートから2年4ヶ月)

11月ラウンド出願へ向けて、エッセイを詰めまくる。Edが疲れているのをわかりながらも、もっと良くしたいとディスカッションと修正を繰り返す。そんな中、嫌な顔ひとつせずEdが言ってくれた言葉が"Don't compromise." Edにお願いをしてよかったと心から感謝。

2016年11月(スタートから2年5ヶ月)

Johnsonの11月ラウンド出願。また、たまたま同日締切のSternへ出願。

2016年12月(スタートから2年6ヶ月)

出願から丁度1ヶ月後の12/15にJohnsonからインタビューインビテーション

The Admissions Committee has completed a preliminary review of your application materials and is pleased to invite you to schedule an interview as the next step in the admissions process. 

冬休み明けの1月下旬にビジット&インタビューをセット。Edとのインタビュートレーニング継続。

2017年1月(スタートから2年7ヶ月)

Edとのインタビュートレーニングに加え、イングリッシュビレッジにて複数の教師とモックインタビュー。1月下旬にビジットし、インタビュー実施。前夜には在校生と夜ご飯をご一緒させて頂く。Admissions officeの場所や人など、前回ビジット時に見慣れた環境で、リラックスしてインタビュー実施。インタビュー後、Admission Directorとキャッチアップ(6回目コンタクト)宿泊先のAirbnbがたまたまホテルスクール生の家で色々話す。

2017年3月(スタートから2年9ヶ月)

合格を確信するものの、一切連絡が来ない。日々Clear admitをチェックしまくり、合格通知が出る日の法則に詳しくなる(無駄)。Johnsonより、インタビューからまる2ヶ月後にAdmission letterをメールで受領し、受験終了!

Congratulations – we’d like to offer you admission to Johnson’s MBA program, contingent on your participation in the Cornell Summer English program.

ちなみにSternはインタビュー呼ばれず。

兎にも角にも、ひたすらAdmissonとコンタクトを重ねた一年でした。